Miscellaneous Notes

日々の雑多なことをつらつらと

Ducati 848 購入前 - 400SSの記憶と車両との出会い

f:id:aritrhk:20170609085543j:image

ドゥカティといって思い出すのは、大学時代にバイク探しをしていた時に選択肢に上がった400SS。もちろん学生だからお金はないんだけど、ヤングマシンに見開きでドーンと掲載されてた写真がそれはもうカッコよく見えて仕方なかった。ちなみに値段は85万円也。

で、勢い付けてローン組んで買ってしまおうかと思ったんだけど、バイト先のオバさんにたしなめられて、結局半分ぐらいの値段のエリミメーター400(新古車)を買ったのが若かりし頃の思い出だ。

やっぱりどこか自分はイタ車に惹かれるものがあって、ハンドル周りやステップなど、細かい仕上げはやっぱり国産はかなわない。もちろんコストとか耐久性とかその辺の話があるので、ただ単に比べてどうってことではないんだけど、まぁ個人の趣味・主観で好きなのだと思ってもらうしかないだろう。

で、たまたま中古車サイトで見つけた、ドゥカティ848。残念ながら小遣いで新車を買う甲斐性はないのだが、中古車を買うならある程度車両のコンディションが担保されてるところで買うべきなのがドゥカティで、その辺の嗜みはわかってるつもり。

いつ間にか上がってたドゥカティ

そもそも848との出会いは、家の近所にドゥカティ専門の整備ショップで、そこの中古車に出物があったのが最初のような気がする。オールペンされて結構派手だったので躊躇してたら早々に売れてしまったのだが、いろいろカスタムしてあるもののノーマルパーツもあるし、何と言っても腕が確かなそのショップの整備履歴があるのが何よりの魅力だった。(その割にそんなに高くなかった)

で、中古車サイトの話に戻すと、ある日、他の候補も含めてダラダラと探してたら、大阪の正規店の中古車が掲載されてて、しかも掲載されたばっかりだし値段も手頃。もちろん国産とか他のカテゴリーなら、同じ排気量クラスでももっと安いのはたくさんあるのだが、憧れのドゥカティ、そして848ということで速攻問い合わせして見積もりを入手したというわけ。

ちなみに見積もりってちゃんとサイトの乗り出しそのまんまの金額になってて、けっこうビックリした。他のショップは知らんけどわりとちゃんとしてんだなぁと思い、気に入ったから割と本気で検討してます、写真とか送ってねとリターン。

バイクを売り払って7年、車を売り払ってから4年で乗り物なし生活に嫌気が刺し始めた頃だったので、なかなかいい出会いがあったと思う。